ヘッドライン
ここでは、相互リンク先ブログ様の更新情報を表示しています。 Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

PLUM 信州上田 小松姫 & 万治の石仏 阿弥陀万里 ミニフィギュア

ウェイズさんの「MY WAYS」と相互リンクを結ばせていただきました。
TFや仮面ライダー、鉄道写真などを扱っておられます。
今後ともよろしくお願いします。

さて、本日はこちら。

RIMG0018_20120723194212.jpg

以前ご紹介した諏訪姫でおなじみのPLUMより、「信州上田 小松姫(右)」と「信州下諏訪万治の石仏 阿弥陀万里(左)」を二つまとめてご紹介。

小松姫は信濃上田藩の初代藩主である真田信之(信幸)の正室であり、本多忠勝の長女でもあります。

阿弥陀万里は長野県下諏訪町の観光名所である「万治の石仏(まんじのせきぶつ)」をモチーフにPLUMがデフォルメしたキャラクターです。

どちらも長野県内の土産物店や中央道諏訪湖SAなどで販売されています。
私は諏訪湖SAで購入しました。

レビューは下のリンクからどうぞ。
まずは小松姫から。

RIMG0019_20120723194212.jpg


パッケージ
パッケージは諏訪姫と同デザインのもの。
側面には真田家の家紋である六文銭が。


RIMG0020_20120723194211.jpg

小松姫本体
鎧を纏った姿です。鉢巻が凛々しいですね。
胴には六文銭がプリントされています。
首がボールジョイントで可動し、薙刀は別パーツとなっています。


RIMG0021_20120723194211.jpg

リアビュー
鉢巻には表情が付けられています。
また台座は塗装されていた諏訪姫とは異なり、成型色となりました。


RIMG0022_20120723194211.jpg

顔アップ。
諏訪姫などと同様に目はシールが使用されています。


RIMG0023_20120723202640.jpg

左から。
後ろ髪は少々ウェーブがかかっています。


RIMG0024_20120723202640.jpg

右から。
薙刀はもう少し先を持つのが正しいのかも。


RIMG0026_20120723202639.jpg

後ろ髪と背中の間に余裕があるので上を向くことができます。


RIMG0027_20120723202639.jpg

諏訪姫と実在人物モチーフ同士で2ショット。
小松姫の方が少しだけ背が高いですね。


RIMG0025_20120723202638.jpg

凛々しい姿がかわいいです。



続いて、阿弥陀万里をご紹介。

RIMG0028_20120723203515.jpg

パッケージ
阿弥陀万里も諏訪姫らと同様のパッケージ。
側面には阿弥陀万里の元ネタである万治の石仏や阿弥陀万里誕生のエピソードなどが書かれています。


RIMG0029_20120723203515.jpg

阿弥陀万里本体
万治の石仏の姿をフード付きのパーカーという形で見事に擬人化しています。
ちなみにこの姿と名前は公募で決まったものだそうな。


RIMG0030_20120723203514.jpg

後ろから。
服のシワまで丁寧に成形されています。
また、台座は白の成型色となっています。


RIMG0033_20120723204109.jpg

顔アップ。
あどけない表情です。
首は諏訪姫や小松姫と同様ボールジョイント接続ですが、肩が頭に埋まっているのでほぼ回せません。


RIMG0031_20120723203514.jpg

左から。
パーカー全体にグラデーション塗装が施されています。


RIMG0032_20120723203514.jpg

右から。
台座には「万治の石仏」と刻まれた灯籠も付属。


RIMG0034_20120723204415.jpg

甘えんぼ袖と片方だけずり下がったニーソがチャームポイント。


RIMG0035_20120723204414.jpg

パーカーの下にはぱんつ。
よく見るとお尻まで丁寧に造形してあります。


RIMG0036_20120723204414.jpg

フードには万治の石仏をイメージした顔が。
私の持っている個体は鼻の塗装が少し剥がれていました。


RIMG0037_20120723204413.jpg

諏訪姫、小松姫と3ショット。
阿弥陀万里だけ洋服ですが、造形が同じなのであまり違和感はありませんね。


RIMG0038_20120723204413.jpg

吸い込まれそうな瞳です。


RIMG0039_20120723205203.jpg

以上、小松姫&阿弥陀万里でした。
どちらも非常に可愛らしくお値段も一つ630円とお手頃です。
長野県にお越しの際は土産物に是非。

それではまた次回。
関連記事
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Twitter
プロフィール

Author:Solokichi
好きな玩具、気になった玩具等を紹介していきます。
欲しいときが買い時、好きなときが旬!

Twitterアカウント:@Solokichi

このブログについて
更新は不定期。 このブログはリンクフリーです。 相互リンク歓迎! 相互リンク希望の方は、コメントかTwitterにてお願いします。 当ブログの画像、文章の転載はご遠慮ください。
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。