ヘッドライン
ここでは、相互リンク先ブログ様の更新情報を表示しています。 Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

超速変形ジャイロゼッター モーフィンミニカーシリーズ MM-03 トヨタ プリウスα

りゅーは さんの「アクションフィギュア初心者ブログ」と相互リンクを結ばせていただきました。
SHFシリーズやfigmaシリーズのレビューのほか、フィギュアの保管方法や補修方法なども紹介しておられます。
今後ともよろしくお願いいたします。

RIMG0019_20121028003313.jpg

本日はカードゲーム、アニメで話題の超速変形ジャイロゼッターより、「モーフィンミニカーシリーズ MM-03 トヨタ プリウスα」をご紹介。

プリウスαはアルカディアの選ばれし二人目のドライバー稲葉りんねのジャイロゼッターで、注射器型の武器「ハイブリッドレーザーキャノン」を使ったビーム砲撃や相手のエネルギーを吸収する「EGディストリビュート」を得意とする機体。


レビューは下のリンクからどうぞ。
RIMG0022_20121028003312.jpg

プリウスα ビークルモード
カラーはパールホワイト。
塗装箇所はヘッドライトと窓のみ。
トヨタのエンブレムはタンポ印刷で再現されています。


RIMG0023_20121028003312.jpg

リアビュー
テールライトが塗装されていないのが少々残念。
バンパーの下から覗いているのはロボットモードのつま先です。


それでは、プリウスα 超速変形!

RIMG0025_20121028003311.jpg
RIMG0026_20121028011219.jpg
RIMG0020_20121028011219.jpg

プリウスα ロボットモード
モーフィンミニカーシリーズでは、フロント~ルーフを跳ね上げ→後部を引き伸ばして膝にする という共通の変形機構が採用されています。
ぶっちゃけて言うとガワ変形ですが玩具的にも物理的にも再現不可能な変形機構なのでこうせざるを得ないのでしょう。


RIMG0021_20121028011218.jpg

リアビュー
後ろ髪のようなパーツが確認できます。
ガワのおかげで接地性はバツグン。


RIMG0027_20121028011218.jpg

バストアップ。
目、両肩のライト、胸のエンブレムが塗装されていますがツインアイとトヨタエンブレムは再現出来なかった模様。


RIMG0029_20121028011217.jpg
RIMG0030_20121028013506.jpg
RIMG0031_20121028013506.jpg
RIMG0032_20121028013505.jpg

ぐるりと一周。

RIMG0028_20121028013505.jpg

変形機構のおかげで第二話で見せたイナバウアー回避も再現可能?



ここからは、同じ国産車モチーフの変形玩具ということで、
アガツマのダイヤロボ ゼロイドとの比較を行いたいと思います。

RIMG0033_20121028013504.jpg

まずは両メーカーともにセールスポイントとしている国産車をモチーフにしたビークルモードを比較。
ジャイロゼッターは1/64、ダイヤロボは1/54とダイヤロボの方が少々大きめ。
ボディカラーはジャイロゼッターが成型色、ダイヤロボは塗装で再現されています。

RIMG0034_20121028020012.jpg

フロントビュー
ダイヤロボのヘッドライトはクリアパーツ、ジャイロゼッターはシルバーの塗装で再現。
また、ダイヤロボにはナンバープレートが取り付けられています。


RIMG0035_20121028020011.jpg

リアビュー
どちらもリア部を脚にするため縦に分割線が入ります。
テールライトはダイヤロボのみ塗装で再現。

RIMG0036_20121028020011.jpg

上から。
ウインドウの表現はそれぞれジャイロゼッターが黒の塗装、ダイヤロボはクリアパーツ。


RIMG0037_20121028020009.jpg
RIMG0038_20121028022643.jpg

サイドビュー
変形機構の都合でジャイロゼッターにはヒンジの軸ピンが見えてしまっていますがダイヤロボは金具が見えないよう作られています。
また、どちらも分割線が極力目立たないよう工夫されています。


RIMG0039_20121028022643.jpg

ロボットモードで比較
ロボットとしてのディテールはロボット玩具のノウハウが豊富なバンダイのジャイロゼッターが上。
可動範囲に関してはジャイロゼッターが可動を廃した玩具なので比較は無し。


RIMG0040_20121028022642.jpg

変形ロボット玩具と言えばTF、ということでここからはTFのEZコレクションも。
どれも手のひらサイズの変形ロボット玩具として開発されたシリーズ。
2012年は変形ロボット玩具界に新たな風が吹いた年となりました。


RIMG0041_20121028022642.jpg

ビークルモードで。
ちなみに定価はTFのリージョンクラスが500円、ジャイロゼッターのモーフィンミニカーシリーズが1,000円、ダイヤロボが819円とジャイロゼッターがかなり割高。


RIMG0042_20121028022641.jpg

以上、モーフィンミニカーシリーズ プリウスαでした。
変形ロボ玩具としては少々雑な点が目立ちますが、メインシリーズのラピッドモーフィンシリーズには登場しない車種もラインナップされるようなので、集めて自分のゲームでのデッキを再現するのも良いかもしれません。

それではまた次回。
関連記事
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Twitter
プロフィール

Solokichi

Author:Solokichi
好きな玩具、気になった玩具等を紹介していきます。
欲しいときが買い時、好きなときが旬!

Twitterアカウント:@Solokichi

このブログについて
更新は不定期。 このブログはリンクフリーです。 相互リンク歓迎! 相互リンク希望の方は、コメントかTwitterにてお願いします。 当ブログの画像、文章の転載はご遠慮ください。
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。