ヘッドライン
ここでは、相互リンク先ブログ様の更新情報を表示しています。 Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

百獣戦隊ガオレンジャー DX超合金 百獣合体ガオキング

忙しい!ひたすら忙しい!

RIMG0120_R_20130428025815.jpg

さて、本日は2001年のスーパー戦隊「百獣戦隊ガオレンジャー」より、「DX超合金 百獣合体ガオキング」をご紹介。
ガオレンジャーはスーパー戦隊シリーズの25作目という節目の作品であり、現在でも根強い人気を誇る戦隊です。
ガオキングはそのガオレンジャーの一号ロボ。パワーアニマルジョイントと呼ばれる共通ジョイントを使用した合体換装機構で人気を博した名作です。


レビューは下のリンクからどうぞ。

まずは個々のパワーアニマルから。


RIMG0121_R_20130428025814.jpg

ガオライオン
ガオレッドのパートナーで、ガオキングの胸部を構成。
赤い部分はキャンディ塗装、黄色の部分にはメタリック塗装が施されており、とても高級感があります。


RIMG0122_R_20130428025814.jpg

リアビュー
尻尾は軟質素材です。


RIMG0123_R_20130428025813.jpg

口が開閉し、四肢を動かすことができます。


RIMG0127_R_20130428031027.jpg

ガオイーグル
ガオイエローのパートナーで、ガオキングの頭部を構成。
足の爪にはダイキャストが使用されており、安定して立たせることができます。


RIMG0128_R_20130428031027.jpg

リアビュー
尻尾はガオキングの角飾りになります。
メッキ剥げに注意!


RIMG0129_R.jpg

翼と足が可動し、嘴も開閉させることができます。


RIMG0124_R_20130428025813.jpg

ガオシャーク
ガオブルーのパートナーで、ガオキングの右腕を構成。
ボディーの青は成型色で、エラ孔の部分にメッキが施されています。
また、ランディングギアが内蔵されているのでコロ走行が可能です。


RIMG0125_R_20130428031028.jpg

リアビュー
私が買った個体は尻尾に曲げグセが付いていました。
お湯に浸してもあまり真っ直ぐにならなかったのですが元々少し曲げられているのでしょうか?


RIMG0126_R_20130428031028.jpg

口が開閉し、ヒレも可動します。
さらに、身体を左右にくねらせて泳ぐポーズも取ることができます。


RIMG0130_R.jpg

ガオバイソン
ガオブラックのパートナーで、ガオキングの下半身を構成。
角にメッキが使用されています。


RIMG0131_R_20130428031608.jpg

リアビュー
スネの車輪は、後述するギミックに使用するもの。


RIMG0132_R_20130428031608.jpg

頭、角、脚が可動します。
頭が動かせるので自然な突進ポーズが取れますね。


RIMG0134_R_20130428031607.jpg

ガオタイガー
ガオホワイトのパートナーで、ガオキングの左腕を構成。
ガオタイガーは全身にパール塗装が施されており、見る角度によって鮮やかな光沢を放ちます。


RIMG0135_R.jpg

リアビュー
つま先や関節部分にダイキャストが使用されています。


RIMG0136_R.jpg

四肢が可動し、口が開閉出来ます。
さらに胴体がスイングするため、猫のように背中を丸めたり、仰け反らせるポーズも取ることができます。


RIMG0138_R.jpg

タンクモード
ガオバイソンを変形させ、専用の台座パーツを装着してこの形態にすることができます。
ガオシャークとガオタイガーは台座にガイドがありますが、ガオイーグルとガオライオンに至ってはただ載せているだけの状態になっているため、安定はしません。


RIMG0139_R.jpg

リアビュー
タンクと言うよりはトレーラーに近いですね。


RIMG0141_R.jpg

それではいよいよ、百獣合体!


RIMG0142_R.jpg

ガオキングの変形
後脚→前脚の順で折り曲げ、肩のジョイントを引き出し、たてがみを押し込みます。


RIMG0144_R_20130428033109.jpg

ガオイーグルの変形
脚を後ろに伸ばし、翼を前に向けます。
さらに尻尾を立てておきます。


RIMG0143_R.jpg

ガオシャークの変形
尻尾を取り外し、身体を90度回転させます。


RIMG0145_R_20130428033107.jpg

ガオバイソンの変形
脚をたたみ、背中を開いて太腿パーツを展開させます。


RIMG0146_R_20130428033107.jpg

股を開き、背中のパーツを閉じて変形完了!


RIMG0147_R_20130428033505.jpg

ガオタイガーの変形
四肢をたたみ、首を90度回転させます。
また、肩のプレートをスライドさせて接近させます。


RIMG0148_R_20130428033504.jpg

……というのが説明書に記載されている手順なのですが、ガオキングの合体といえばこの中間形態。
しかし玩具ではある問題が発生するため、この形態からライズアップさせることができません。


HIKKAKARU.jpg

それがこの赤丸の部分。
ガオライオンのパーツがガオバイソンの腰パーツに干渉するため、ガオライオンを一度外さないと脚が伸ばせない仕組みになっています。
この干渉するパーツを削り落とせば完全再現できるようですが、合体後に上半身を固定することができなくなってしまいます。


RIMG0150_R_20130428034204.jpg

(一度分離させてから)ライズアップ!!


RIMG0151_R_20130428034203.jpg

ガオイーグルをガオライオンに収納し、


RIMG0152_R_20130428034203.jpg

翼を閉じます。
(この時も一度ガオバイソンを外す必要があります)


RIMG0153_R_20130428034202.jpg

誕生 ガオキング!


RIMG0154.jpg

ガオキング
五体のパワーアニマルが聖なる肉体を一つに重ね、誕生する巨大な精霊の王。
戦隊ロボとしては小さく、ダイキャストもあまり使用されておりません。


RIMG0155_20130428035419.jpg

リアビュー
無駄なくスッキリとまとまっています。


RIMG0156_R.jpg

顔アップ
王冠のようなデザインの頭部に凛々しいヒューマンフェイスです。


RIMG0157_R_20130428035417.jpg

両肩、両肘、両手首が可動します。
戦隊ロボとしては破格の可動域。


RIMG0158_R.jpg

フィンブレードを装備。
ガオシャーク内のジョイントに柄をセットする形で保持しています。


RIMG0159_R_20130428035416.jpg

手首が動くおかげで表情も豊かに。


RIMG0162_R.jpg

『天地轟鳴・アニマルハート!!』
本来ならガオイーグルとガオバイソンの口も開くのですが合体機構の都合上動かず。
それでも十分雰囲気は出ています。


RIMG0163_R.jpg

以上、ガオキングでした。
戦隊ロボとしては破格の可動を、ロボと分離形態で両立させている上に塗装のクオリティも高く
非常に満足できる一品でした。


それではまた次回。
関連記事
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Twitter
プロフィール

Author:Solokichi
好きな玩具、気になった玩具等を紹介していきます。
欲しいときが買い時、好きなときが旬!

Twitterアカウント:@Solokichi

このブログについて
更新は不定期。 このブログはリンクフリーです。 相互リンク歓迎! 相互リンク希望の方は、コメントかTwitterにてお願いします。 当ブログの画像、文章の転載はご遠慮ください。
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。