ヘッドライン
ここでは、相互リンク先ブログ様の更新情報を表示しています。 Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

レゴ クーソー 21102 マインクラフト

カナタさんの「冷やし牛乳やってます。」と相互リンクさせていただきました。
スーパー戦隊、仮面ライダーのなりきり玩具を中心に扱っておられます。
今後ともよろしくお願いします。

さて、本日はこちら。

RIMG0001_R_20130525235633.jpg

ブロック玩具の定番LEGOシリーズより、「LEGO CUUSOO 21102 MINECRAFT Micro World」をご紹介。
MINECRAFT(マインクラフト)とは、2009年よりスウェーデンのNotch氏により開発されたサンドボックス型ゲームで、プレイヤーは四角いブロックで構築された世界で冒険や建築などを自由に楽しむことができます。
最近ではニコニコ動画に多数のプレイ動画がアップされ、日本での知名度も上がっている様子。
現在はMOJANG ABよりDL販売が行われており、日本からでもPeypalやVプリカ等を駆使すれば購入することができます。

この商品はそんなマインクラフトをレゴ社公認の商品化サイト「LEGO CUUSOO(レゴ クーソー)」にて、ユーザーからの投票によって商品化されたもの。
日本でもクリックブリックや輸入ショップにて販売されました。


レビューは下のリンクからどうぞ。 RIMG0002_R_20130525235632.jpg

パッケージは独自のものが使用されており、ゲーム中に搭乗する草ブロックをイメージした立方体の箱になっています。


RIMG0003_R_20130525235631.jpg

内容物
ブロックの小袋が6つと、組立説明書が二冊封入されています。


RIMG0004_R_20130525235631.jpg

組み立てました。
レゴ商品としては小さい部類ですが部品数が非常に多く、特にブロックのポッチに蓋をするタイルブロックを大量に使用しています。


RIMG0005_R_20130525235630.jpg

別角度から。
ゲーム中の地形(バイオームと呼びます)を余すところなく再現。


RIMG0006_R_20130526001954.jpg

山周辺。
赤いクリアブロックは溶岩をイメージしています。


RIMG0007_R_20130526001953.jpg

隅に建っているのはプレイヤーの家。
木材とガラスブロックを四角く組み合わせただけのよくあるシンプルな家(通称"豆腐")ですね。


RIMG0084_R_20130526003909.jpg

下側の灰色の部分内部には、地下の洞窟が再現されており、地表部分を外すことで内部を覗くことができます。
詳しい紹介はまた後ほど。


RIMG0008_R_20130526001952.jpg

さらに、マインクラフトのプレイヤーキャラであるスティーブ(右側)と、敵キャラであるクリーパー(左側)のミニフィグが付属。
ポッチの大きさからお分かりかと思いますがとても小さく小指の先程度の大きさしかありません。


2013-05-02_1608_R.jpg

こちらが実際のゲーム画面でのスティーブ。
多少色味は違いますが、ゲーム中の雰囲気がうまく出ていると思います。


2013-05-02_1739_R.jpg

こちらがクリーパー。
プレイヤーに近づき、突然爆発してブロックを破壊することから「匠」の相性で親しまれています。
こちらも四脚の付いた独特のフォルムを上手に再現しています。


RIMG0045_R_20130526005249.jpg

また、この商品には「ブロック外し」なる道具が付属しています。
小さい部品が多いのでこれは助かります。


RIMG0011_R_20130526002935.jpg

このLEGOマインクラフトの特徴は地形が四つのセクションに別れており、シャフトで独自の組み合わせができること。
複数買いをして、独自の世界を広げることもできるのです。
それでは、各セクションをそれぞれご紹介。


RIMG0012_R_20130526002934.jpg

まずは小高い丘に小川が流れているこのセクション。
樫の木が生えていたり、少々の砂ブロックがあったりと、ゲーム中では比較的よく目にする地形。


RIMG0013_R_20130526002934.jpg

青タイルとクリアブロックを使い分けることでマインクラフト内の「水源」と「水流」を表現しています。


2013-05-02_153541_R.jpg

この地形をゲーム内で実際に作るとこんな感じ。
少々手狭ですが再現性はバッチリ。


RIMG0014_R_20130526002933.jpg

地表パーツを外したところ。
金のブロックが見えますが、これはゲーム中の鉱石ブロックを表現しています。
深さからして、おそらく鉄鉱石ブロックのはず。
赤いブロックは溶岩源をイメージしたもの。


2013-05-02_150239_R.jpg

ゲームで再現するとこんな感じ。


RIMG0016_R_20130526004644.jpg

下の方には水たまりと…
(暗いのでフラッシュを焚きました)


RIMG0015_R_20130526004643.jpg

溶岩溜まりが。
この二つは先程の鉱石のある場所と空洞でつながっています。


2013-05-02_150253_R.jpg
2013-05-02_150310_R.jpg

それぞれをゲームで再現するとこんな感じ。
鉱石を見つけて登った先に溶岩が!→マグマダイブからの全ロストをイメージしているのでしょうか。
(溶岩源を直に置くと下に垂れるので看板で塞き止めてます。)


RIMG0017_R_20130526005051.jpg

お次はこの山がそびえ立つセクション。
岩肌が露出しており、溶岩が流れ出しています。


RIMG0018_R_20130526005051.jpg

溶岩は赤ブロックにクリアレッドのタイルを重ねて表現。
うっかり落ちてしまいそうです。


RIMG0019_R_20130526005050.jpg


山の裏手には石炭らしき黒いブロックが。
実際のゲーム内でも山肌から石炭が露出していることが多く、このような光景はよく見られます。


RIMG0020_R_20130526005049.jpg

さらに別角度からは怪しげな洞穴が。
この洞穴が地下洞窟の入り口でしょうか?


RIMG0021_R_20130526010054.jpg

山部分。
周りを見渡すには絶好のポジションですね。


2013-05-02_155552_R.jpg

この地形をゲームで再現するとこんな感じ。
溶岩が地表まで流れているのがとても危険。


RIMG0022_R_20130526010053.jpg

このセクションの地下は空洞に水流をイメージしたクリアブルーの三角ブロックが付いています。
実際には水が下まで流れるのでこの場所は水浸しになっていることでしょう。


RIMG0023_R_20130526010053.jpg

上から覗いたところ。
それなりに広いです。


2013-05-02_150230_R.jpg

ゲームで再現するとこんな感じ。


2013-05-02_150342_R.jpg
商品と同じように水を看板と板ガラスでせき止めました。
("水"を"看板"で"止める"?と思った方は実際にゲームをプレイしてみましょう。)


RIMG0024_R_20130526010913.jpg

続いてこちらのセクションをご紹介。
樫の木と砂が敷き詰められた平地です。


RIMG0025_R_20130526010912.jpg

これといって特徴のないよくある地形です。
砂があるのでガラス作りが捗ることでしょう。


2013-05-02_160317_R.jpg

ゲームで再現するとこんな感じ。


RIMG0027_R_20130526010911.jpg

このセクションの地下は水流と溶岩溜まりが混在する空洞。
黒曜石を作るのにはちょうどいい場所ですね。


RIMG0028_R_20130526010910.jpg

この位置に水があると確実にマグマに当たるので見つけた頃にはすでに黒曜石になっているはず…


2013-05-02_151215_R.jpg

この空洞を再現するとこんな感じ。
例によって溶岩と水をせき止めています。


2013-05-02_151447_R.jpg

こちらが溶岩溜まり。
この溶岩をバケツですくってかまどの燃料にしたり水で冷やして黒曜石を作ります。


RIMG0029_R_20130526012219.jpg

最後はこの家が建っているセクション。
この商品で唯一人工物のある場所です。


RIMG0030_R_20130526012218.jpg

この家は非常に小さく3*3*3の大きさしかありません。
これでは住むのはおろか入ることすらままならないのではないでしょうか。


RIMG0031_R_20130526012218.jpg

ミニフィグのスティーブは家よりも大きいので入れませんでした。


2013-05-02_161611_R.jpg

ゲームで再現するとこんな感じ。
実際に作ると家のショボさが際立つ…
(砂ブロックが下の空洞に落ちるのでなめらかな砂岩で代用してみました。)


2013-05-02_161621_R.jpg

こちらが再現した豆腐小屋。
一応スティーブが入れる大きさに作りました。


2013-05-02_161642_R.jpg

入ってみたところ。
狭い!!
ドアを付けたら居住スペースが1マスしかありません。


RIMG0032_R_20130526013009.jpg

このセクションの地下は水たまりのある大きめの空洞。
家の下にこれだけの空洞があると空洞音や敵MOBの鳴き声がうるさそうです。


RIMG0033_R_20130526013009.jpg

ここにも鉱石ブロックが。


RIMG0034_R_20130526013008.jpg

水たまりは青のタイルブロックで表現。


2013-05-02_152002_R.jpg

この洞窟を再現するとこんな感じ。
水たまりに足を取られないようにしたいですね。


2013-05-02_151953_R.jpg

横から覗いたところ。
先ほどのセクションの洞窟に繋がります。


RIMG0084_R_20130526013647.jpg

改めて4つを組み合わせた状態の地下部分をご紹介。
それぞれを組み合わせるとなかなか大きな洞窟になります。


2013-05-02_152035_R.jpg

ゲームで再現するとこんな感じ。
探索のしがいがありそうです。


2013-05-02_161457_R.jpg

実際に洞窟の中に入ってみました。
奥の方から溶岩の光が漏れています。


2013-05-02_161510_R.jpg

別視点から。
ゲーム中では暗い場所から敵モンスターが出現して襲ってくるので洞窟探検は油断出来ません。


RIMG0010_R_20130526014235.jpg

プレイヤー視点で地表を撮影。
この世界で自由に生活すると思うとワクワクしますね。


2013-05-02_162006_R.jpg

ゲーム画面だとこんな感じ。


RIMG0039_R_20130526014516.jpg

マインクラフトは木を素手で伐採するところから始まります。


RIMG0035_R_20130526014516.jpg

洞窟探検をしたり…


RIMG0040_R_20130526014515.jpg

鉱石を掘ったり。


RIMG0041_R_20130526014514.jpg

時には溶岩に落ちたりも。


RIMG0031_R_20130526014513.jpg

夜になるとモンスターが出現して襲ってくるので家は必須。


RIMG0036_R_20130526014833.jpg

クリーパー「シュー……」
「あっ」


RIMG0037_R_20130526014832.jpg

……なんということでしょう。


RIMG0043_R_20130526014831.jpg

前川氏的にクリスマスは(ry
(分からない方は「前川ピュタ」でググってみてください)


RIMG0085_R_20130526014831.jpg

レゴ商品にはいくらかの余りパーツが出るのですが、このマインクラフトではスティーブの顔に使うプリントブロックがまるまる1セット余りました。
他のブロックと組み合わせればもう一人スティーブを作ることができます。


RIMG0086_R_20130526014830.jpg

スティーブがもう一人作れるということはHerobrineを再現せよということなのでしょうか。


RIMG0046_R_20130526015503.jpg

ちなみにこの商品の大きさはこれくらい。


RIMG0044_R_20130526015502.jpg

以上、レゴ マインクラフトでした。
マインクラフト自体は何ヶ月か前から購入してプレイしておりまして、この商品の存在を知った時は何としても手に入れよう!と思い購入に至りました。
実際にプレイしている人にはニヤリとできる要素も多数盛り込まれており、レゴファンとしてもマイクラプレイヤーとしても楽しめる一品です。

それではまた次回。
関連記事
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Twitter
プロフィール

Solokichi

Author:Solokichi
好きな玩具、気になった玩具等を紹介していきます。
欲しいときが買い時、好きなときが旬!

Twitterアカウント:@Solokichi

このブログについて
更新は不定期。 このブログはリンクフリーです。 相互リンク歓迎! 相互リンク希望の方は、コメントかTwitterにてお願いします。 当ブログの画像、文章の転載はご遠慮ください。
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。